インプラント歯科医院マップデータベース>どんな人が治療する?

どんな人が治療する?

さまざま理由で歯を失う人々がいます。失った歯の本数に関わらず、インプラントをすることができます。

歯が1本だけ無い人

事故などで歯を失ってしまった人も、もちろんインプラントができます、従来のブリッジ治療をのように、周囲の歯を傷つけたり、削る必要はありません。インプラントを1本埋め込んで、自然の歯と同様の状態を再現できます。

歯が数本無い人

歯周病や虫歯などで、歯が何本か無くなってしまった人でも、インプラントができます。インプラントを数本埋め込んで、治療します。部分入れ歯やブリッジ治療をしなくてもインプラントで、しっかりとした咬み合わせを取り戻すことができます。

歯が全く無い人

従来は、歯が全く無い人は総入れ歯という方法しかありませんでした。しかし総入れ歯にしてしまうと、歯を失ったことで段々と顎の骨が変形してしまい、顔の形に影響が出てきます。また入れ歯も徐々に合わなくなってきます。短期的には、総入れ歯でも良いですが、長期的に見れば、インプラントをしたほうが、顎の骨も正常になり、しっかりとした咬み合わせを再現できます。

スポンサーリンク

インプラントとは|インプラントと入れ歯|インプラント利点|治療のステップ|歯が無くてもOK|私、インプラントできる?|インプラント手入れ|

都道府県別インプラント歯科医院データ

各都道府県名をクリックすると、その地域のインプラント歯科医院が表示されている地図ページに移動します。