シズカゲル 副作用

シズカゲルに副作用が少ない理由

シズカゲルは医薬部外品に分類されていますので、有効成分が配合されており、すべての人に副作用がないとは言い切れません。

 

特に、美白効果が期待できる有効成分である、アルブチン「ハイドロキノン誘導体」が配合されていますので、少なからず副作用の可能性があるのです。

 

しかし、医薬品に分類される肌に刺激の強い「ハイドロキノン」と違い、アルブチン「ハイドロキノン誘導体」は安全性が高いと評判で、これまで重篤な副作用は報告されていないので、極めて副作用の心配は少ないため、色々な化粧品などに配合されています。

 

アルブチン「ハイドロキノン誘導体」はハイドロキノンにブドウ糖を結合して作られたものなのです。
しかし、「ハイドロキノン」はシミに対する効果が強い反面、肌への刺激が強いのですが、アルブチン「ハイドロキノン誘導体」はシミに対する効果が穏やかなのですが、肌への刺激が少なく、敏感肌の方でも使用できるのです。

 

さらに、シズカゲルは敏感肌の人でも安心して使えるように、「10種類の天然保湿成分」と、香料など肌に負担をかける7つの化学成分を無添加にしております。

 

万が一、シズカゲルが肌に合わず、肌が荒れたり、副作用がでた場合は、注文から30日以内なら返金保証制度を利用すれば、全額返金されるので、安心でして試せます。

シズカゲルの10種の天然成分

シズカゲル 口コミ

 

フラバンジェノール、ビルベリー葉エキス、ユキノシタエキス、マロニエエキス、カンゾウフラボノイド、天然ビタミンE、セラミド、オリーブ油、スクワラン、シア脂

 

シズカゲルは、敏感肌な人でも安心して使えるように、10種の天然保湿成分が含まれています。

 

中でも、フラバンジェノールは抗酸化作用(抗活性酸素)が高いのです。

 

フラバンジェノールとは、天然由来のポリフェノールでフランス南西部の海岸松の樹皮から抽出されており、オリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)を豊富に含んでいます。
このオリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)が、抗酸化作用(抗活性酸素)が高い成分なのです。

 

フラバンジェノールの抗酸化作用(抗活性酸素)効果は、ビタミンCの約600倍の抗酸化力を有し、さらに、コエンザイムQ10の約250倍です。
保湿効果は、コラーゲンの約5倍、セラミドの約15倍あります。

 

シズカゲル無添加7つの化学成分

シズカゲル 口コミ

 

界面活性剤、鉱物油、香料、着色料、パラベン、エチルアルコール、シリコーン

 

上記の成分を無添加にすることで、アレルギーを起こす要因を配合していないため、副作用の危険性が少ないのです。

 

アレルギーテスト実施済なので安心

アレルギーを持った体質の方でも安心して使い続けられるように、アレルギーテストもしっかり実施されています。

シズカゲルで副作用の報告はあるのか

シズカゲルの様々な口コミを見ている限り、副作用の報告を見つけることができませんでした。

 

アトピー肌や敏感肌の人でも安心して使えているようです。

 

副作用の報告はありませんが、万が一のこともあるので、念のためのパッチテストをして、安全を確認してから使用してください。

 

口コミなどでの報告はありませんが、すべての方にアレルギーが起きないというわけではありません。